Enjoy! collecting stamps

自宅にある切手を査定してもらおう

切手というものは数多くの種類がありますが、おおまかには4つに分類されます。普通切手、記念切手、特殊切手、中国切手の4種類です。まず普通切手とは一般的に発行されている切手のことで発行日が古いものほど高値がつきます。特に明治、大正時代に発行されたものは高い傾向にあります。2つ目の記念切手とはその名の通り記念を冠して作られた切手です。例えば天皇の結婚や国際的な行事、周年行事、新法の制定など様々なものにあやかって作られます。こちらは発行数がバラバラなので数が少ないものが高く売れます。3つ目の特殊切手とはシリーズ化されて発行された切手のことを指し、こちらは他の切手と違い10枚なら10枚全て揃った状態でないと価値がつきません。4つ目の中国切手とは文字通り中国で発行された切手になります。中国切手は日本切手と違い絵や模様、柄などで価値が決まり新しいものでも高値がつきます。この切手に関しては査定予想を自身で判断することが難しいです。最後にどうやって売るかになります。店頭なのか宅配なのか出張なのかで値が変わってきます。よく考えて買取に出すことが重要です。